脱毛という手段にたどり着くまでの苦労

私の学生時代のムダ毛処理はシェーバーでした。脱毛という言葉は一切頭になく、もしその言葉を聞いたとしても痛いということしか想像できず、自分が脱毛するなんて絶対にないと思っていました。

 

実際にシェーバーを使っていて結構快適でしたし、何よりスイッチひとつで簡単にムダ毛を剃ることができるという使い勝手の良さを気に入っていました。その使い勝手の良さのせいで余計に脱毛という言葉が頭から離れていってしまったのでしょう。勉強や就職のこともありましたし、今では通いたいと強く思っている脱毛サロンも、当時は見聞きすることすらありませんでした。

 

私の人生はムダ毛に翻弄されていると言っても過言ではありません。それくらい私は濃いムダ毛を持っており、そのムダ毛に嫌悪感を抱いています。今まで何度ムダ毛のことで陰口を言われたかわかりませんし、言われるたびに泣きたくなるような思いでぐっと我慢して耐えてきました。

 

大人になった今ではシェーバーの他にも脱毛という手段を手に入れることができ、少しは救われるようになったかなと思います。脱毛のおかげで剛毛だった私の体も、腕と足だけではありますがつるつるになりました。当時の毛むくじゃらな私の存在が嘘のように今はほとんどムダ毛が見えません。

 

やはり脱毛はムダ毛処理の手段としてとても快適で完璧なものなのですね。

 

必ず結果に満足できるサロンランキング 一番人気のある脱毛サロン